私たちについてAbout us

WAOJEとはWAOJE is ...

WAOJE(World Association of Overseas Japanese Entrepreneurs)は、海外を拠点に活躍する日本人起業家のネットワークです。

海外を拠点に活躍する日本人起業家のネットワークとして「World Association of Overseas Japanese Entrepreneurs」の頭文字を取り「WAOJE(ワオージェ)」と命名されました。
都市を単位としながら、世界中に活動拠点を増やしています。
世界各地で、現地に根を張り、現地の方々を相手にビジネスをしている日本人起業家が、都市や国を越えてつながることで、有意義な出会いや新たなビジネスチャンスを生み出すことを目的としています。
今後、WAOJEが世界規模のネットワークへ成長することで、日本にとっても重要なビジネスインフラとなると考えています。

WAOJEのロゴ

WAOJEのロゴ

「日本国旗」と「富士山」そして「レガシーとしての和」

WAOJEは世界組織です。世界各地でそのロゴを見た瞬間に「日本!」と感じてもらえるデザインを目指しました。
国旗は国を識別する最も共有されたイメージです。日の出る国を表現した日本の国旗はシンプルかつ大胆であり、世界に誇れる素晴らしいデザインだと思います。
また日本人の心の拠りどころと言ってもいい雄大な富士山。浮世絵を始め多くの絵画や、写真、映像を通して世界中にその雄姿が伝えられてきました。その中でも冠雪の富士山は、最も美しく代表的なイメージでしょう。
この2つが同時に表現されたロゴならば、日本を象徴する最強のイメージになるのではないかと考えました。
そのイメージを「W」と「A」を重ね合わせることで構成しました。「W A」はWAOJEを構成する文字の一部であり、前身の和僑会の「和」をレガシーとして引き継いでいます。

デザイナー:迫 慶一郎(WAOJE本部初代代表理事)


活動の目的

WAOJE は、海外在住起業家の故郷である日本を拠点に、日本及び海外における会員の相互支援、会員間交流その他会員に共通する利益を図る活動を行うことをその主たる目的としています。


WAOJEの事業

  • 世界に広がる
    WAOJE支部を
    束ねた
    ネットワークの構築
  • 有意な出会いの提供
  • 学習機会の提供
  • 経営支援サービス
  • 社会貢献の支援
  • 政策提言する
    経済団体
    としての
    ステイタスの獲得

これらの他にも、当法人の目的を達成するために必要な事業を行ってまいります。


代表メッセージMessage

100年後のインフラ構築を目指して WAOJEは新たなステージへ

WAOJE代表理事 小田原 靖
1969年3月13日生まれ
福岡市出身
パーソネルコンサルタント社 代表取締役社長
バンコクスリウォンロータリークラブ 前会長
1993年5月 来タイ

 この度、一般社団法人WAOJEの第3代代表理事に就任しました小田原靖です。任期は2020年4月1日から2年間。バンコクで人材紹介会社PERSONNEL CONSULTANT MANPOWER (THAILAND) CO., LTD.等を経営しています。タイ在住27年になります。

  WAOJE代表理事のバトンを引き継ぐにあたり、まずは申し上げておきたいことがあります。それは、代表の交代を理由にWAOJEを取り巻く環境や今後の方向性に何ら変化が生じるものではないということ。目指すものは一貫しており、今に至るまでの志をしっかりと受け継ぎ、盤石で強固なものとしていくことが私たち第3期執行部に課された使命であるということです。
つまるところ、それはWAOJE結成をめぐる土台造りがいよいよ最終局面に到達したことを意味しています。前身が香港で誕生してから15年余り。ようやく世界規模のネットワークへと成長しました。結成当初はまだ曖昧で属人性に頼らざるを得なかった職務分担も、着実に確かなものとなりました。アジア中心だった支部の組織化も、ドイツ・ベルリンやブラジル・サンパウロなどで結成されたことによりさらにワールドワイドとなりました。

  こうした前任の方々の労を踏まえ、私たちは、これからの100年間を耐えうる日本人起業家のためのインフラとしてWAOJEを育て上げていく決意です。かつて、華僑や印僑の人々が故郷から世界を目指し、各地で同郷の仲間たちがそれを支えたように、私たちも世界にはばたく次世代の若者たちと絆の輪を築いてまいります。そのための国境を超えたプラットフォームが、WAOJEであると考えています。

  ひと昔前に比べれば、ずいぶんと日本人の海外起業家も増加をしました。物怖じしない若者たちが世界に足を踏み入れるようにもなりました。ただ、それでも先進各国に比べてみればまだまだ事例も少なく、足腰も弱くて、私たちを取り巻く相互扶助の力も脆弱です。それを有益で確かなものとして高めていかない限り、次なる世代への継承は徒労に終わってしまうことでしょう。
私たちは、私たちの先人たちが味わった苦労や困難を解決もせぬまま放置してしまっては、何ら将来的な発展はないと考えます。法務、許認可、財政、企業経営、そして海外での暮らし。あらゆる分野できちんとしたビジネスと生活の土俵を造り、それらを後世に託していくことこそが私たちのレゾンデートル(存在価値)であると信じています。

  WAOJEはこれからの2年を終えると、新たなステージに突入します。そのための最後の土台作りが始まります。100年後のインフラ構築を目指して、第3期執行部はいざ始動します。


世界規模のネットワークへ

WAOJE特別顧問 (和僑会ファウンダー) 筒井 修

WAOJEは、2004年に香港で発祥した和僑会を母体とし、 2017年に世界展開を目指す組織「WAOJE」に生まれ変わりました。

東アジア、アセアン、日本の3つの地域を中心とし、20を超える活動拠点があります。現在は、北米、南米、欧州、中東にも積極的に展開を始めました。

世界各都市に根を張り頑張っている素晴らしい日本人起業家が集い、大きなビジョンを持った迫代表理事と共に世界規模のネットワークに成長していくことを心より期待しています。

地域協議会と今後の展望Regional Council

ASEAN地域について

バンコク・プノンペンの実際の飛行時間は約40分程度でしょう。ホーチミンは1時間、シンガポールでもせいぜい2時間です。この東京から那覇と同等の移動時間帯に、現在8つの支部が存在し、さらに増えようとしています。

これらの支部が横のつながりを大切にし、相乗効果を活かすと何ができるのか?という意識を常に持ち、WAOJEブランド向上のための施策、共同イベント(ASEAN大会、世界大会、各種セミナーetc…)の実施などの活動を行ってまいります。

いずれこれらの活動は希望の灯火となって、とかく暗く語られがちな、日本の経済を明るく照らすことでしょう。そして、ASEANに根を下ろし、ASEANで事業を展開している私たちASEAN地域の起業家こそが、この地域の国々の発展と、そこに暮らす現地の方々の幸福の実現を担えるものと確信し、誇りに思っています。

アセアン地域長 上野 圭司(WAOJE理事)


東アジア地域について

東アジア地域には、中国を中心として複数の活動拠点があります。

何かとネガティブなことが伝えられることの多い中国ですが、社会の変化と共に成長している分野も確実にあります。正しい情報と的確なタイミングを掴むことができれば、可能性を持った巨大な市場であることは間違いありません。

その場所一筋でビジネスを続ける人もいますが、他都市や他国に展開したいと考えている人もいます。その人たちにとって、現地の生の情報を共有できること、交流により新たなビジネスチャンスに接することは、WAOJEが提供できる大きな魅力です。

東アジア地域長 上野 圭司(WAOJE理事)


日本地域について

日本の市場規模は、今後確実に縮小していきます。大企業だけでなく中小・零細企業の経営者が海外に目を向けるべき時は既に訪れています。海外に進出しない企業においても、否が応なしにグローバリゼーションの波に飲み込まれていく未来はもう目の前にきております。

日本のWAOJE支部は、世界中で活動しているWAOJE支部・会員からの現地の貴重な情報や出会の場を提供します。海外に進出する企業に限らず、インバウンドに興味がある企業にとっても、海外のWAOJEと直接つながることで、新たなビジネスチャンスを手に入れることが可能です。

現在、日本には、北から南まで9支部が存在し毎月の定例会では、海外で活躍する企業家の講演や海外視察を始めさまざまな活動をしております。また、毎年行われる世界大会等の交流に伴い、多くのグローバル企業を輩出しております。

日本地域長 則木 八重子(WAOJE理事)