私たちについてAbout us

WAOJEとはWAOJE is ...

WAOJE(World Association of Overseas Japanese Entrepreneurs)は、海外を拠点に活躍する日本人起業家のネットワークです。

海外を拠点に活躍する日本人起業家のネットワークとして「World Association of Overseas Japanese Entrepreneurs」の頭文字を取り「WAOJE(ワオージェ)」と命名されました。都市を単位としながら、世界中に活動拠点を増やしています。世界各地で、現地に根を張り、現地の方々を相手にビジネスをしている日本人起業家が、都市や国を越えてつながることで、有意義な出会いや新たなビジネスチャンスを生み出すことを目的としています。今後、WAOJEが世界規模のネットワークへ成長することで、日本にとっても重要なビジネスインフラとなると考えています。


活動の目的

WAOJE は、海外在住起業家の故郷である日本を拠点に、日本及び海外における会員の相互支援、会員間交流その他会員に共通する利益を図る活動を行うことをその主たる目的としています。


WAOJEの事業

  • 世界に広がる
    WAOJE支部を
    束ねた
    ネットワークの構築
  • 有意な出会いの提供
  • 学習機会の提供
  • 経営支援サービス
  • 社会貢献の支援
  • 政策提言する
    経済団体
    としての
    ステイタスの獲得

これらの他にも、当法人の目的を達成するために必要な事業を行ってまいります。


代表メッセージMessage

WAOJEは日本人がグローバル化するためのプラットフォーム

WAOJE代表理事 猪塚 武
vKirirom Pte. Ltd. CEO
キリロム工科大学 学長
早稲田大学理工学部卒、東京工業大学修士課程修了
2011年「vキリロムネイチャーシティ」を立ち上げカンボジアのナショナルブランドとなる。キリロム工科大学は世界的ITエンジニアを養成するソフトウェア開発学部からスタート

2018年4月より一般社団法人WAOJEの2代目代表理事に就任しました猪塚です。
WAOJEは日本人にとってとても大切な会にならなくてはならないと思います。

これからの日本人は国外で頑張らなければならない時代になるでしょう。
イスラエル人や中国人、そしてインド人フィリピン人なども世界で活躍している民族ですが、ここに日本人も加わります。
ただ、日本人のグローバル化は英語力とその結果としての多様性が障害になります。
WAOJEは日本人がグローバル化するためのプラットフォームになります。

日本経済の相対的な低下を見て、日本の飯の種はなんなのかと思う人は多いかもしれませんが、私は日本人は世界で活躍できると思います。
ソフトバンクの孫正義さんも日本人起業家です。
大企業の日本人駐在員をみて日本人の世界展開を論じるべきではないと思います。

WAOJEには3つの重要なコンセプトがあります。
1つ目は「日本非居住者のための基礎自治体」になるというコンセプト。
海外に移住すると日本からの支援は全く受けられなくなります。日本で税金を払っていないのだから仕方がないという意見もありますが、その一方で移住先の外国でも外国人であることから十分な支援は受けられません。
結局どこからも支援を受けられないので海外にでた日本人の成功率は高くなく、このことが日本の国際化の遅れの1つの要因となっています。

2つ目が「日本人がグローバルで勝つためのインフラ」というコンセプトです。
英語がそれほど得意ではない日本人ですが、もし世界中に日本語のビジネスネットワークが張り巡らされていれば、日本企業が世界展開する際にもスピーディーに世界にプロダクトを提供することができます。
米国企業の世界展開が早い理由は英語での支援サービスが世界中の隅々まであるからではないでしょうか?

そして最後の3つ目が「日本経済のプランB」です。
まだ日本経済は元気です。わざわざ海外に出なくてもという方も多くいることでしょう。
しかし、世界は軍事的に不安定化しています。
また日本の財政赤字が維持可能だとは思えません。
世界的な金余りによるバブルもまた維持可能ではないかもしれません。
もし日本経済に大きな問題が起こった時に世界中に散らばった日本人ネットワークがあればきっと日本の問題の解決に貢献できることでしょう。
「財政破綻をどうやって避けるかというプランA」に対して「財政破綻後が起こってしまった場合のプランB」を真剣に考えておく段階に来ていると思います。

WAOJEのネットワークはこれまでの2年間で仕組みづくりに投資しました。
「これから会員になる方に対して高い品質のサービスを提供する。」
「時代に即したスピーディーな意思決定ができるようにする。」
「支部の健全性を担保するためのルールを作る。」
などです。
そして、2018年度からは大きく飛躍します。
会員の満足度を高め、支部を増やし、会員数を増やしていきます。
2018年度の上半期は8月末に開催される「WAOJE Global Venture Forum」の成功に全力投球します。世界中から100名のスピーカーに加えて、日本からの参加者700名+カンボジアからの参加者200名が参加します。
そして、今年は「WAOJEインターンシップ」の立ち上げも行います。
来年以降のテーマとしては
「子供の教育をどうすべきか?」
「お金を借りられるようにするにはどうするべきか?」
「日本政府との交渉はどうやって行うべきか?」
「万が一の時のセーフティーネットはどうするべきか?」
「与信機関を持てるか?」
「老後はどこで?」
などもプロジェクトを立ち上げていきたいと考えています。
またWAOJEネットワークも大きくなります。現在は20支部・20会員/支部・グローバル会員比率35%ですが、新しく「50:50:50」として50支部・50会員/支部・グローバル会員比率50%を目標に中期プランを計画したいと思っています。

<最後に>
海外での起業は簡単ではありません。
また同じ海外事業でも日本に本社を持って海外展開した方が資金調達の面からは優位性があります。
しかし、海外で成功するには起業家マインドを持ってその国に潜り込んで頑張らないと上手くいかないという現実もあります。
海外で頑張る日本人起業家のネットワークであるWAOJEを大きくすることが日本のために大切であると心から思います。

WAOJEは世界で活躍したい貴方のための会です。近くの支部の月例会に参加するか、Global Venture Forumにお越し下さい。


世界規模のネットワークへ

WAOJE特別顧問 (和僑会ファウンダー) 筒井 修

WAOJEは、2004年に香港で発祥した和僑会を母体とし、 2017年に世界展開を目指す組織「WAOJE」に生まれ変わりました。

東アジア、アセアン、日本の3つの地域を中心とし、20を超える活動拠点があります。現在は、北米、南米、欧州、中東にも積極的に展開を始めました。

世界各都市に根を張り頑張っている素晴らしい日本人起業家が集い、大きなビジョンを持った迫代表理事と共に世界規模のネットワークに成長していくことを心より期待しています。

地域協議会と今後の展望Regional Council

ASEAN地域について

バンコク・プノンペンの実際の飛行時間は約40分程度でしょう。ホーチミンは1時間、シンガポールでもせいぜい2時間です。この東京から那覇と同等の移動時間帯に、現在8つの支部が存在し、さらに増えようとしています。

これらの支部が横のつながりを大切にし、相乗効果を活かすと何ができるのか?という意識を常に持ち、WAOJEブランド向上のための施策、共同イベント(ASEAN大会、世界大会、各種セミナーetc…)の実施などの活動を行ってまいります。

いずれこれらの活動は希望の灯火となって、とかく暗く語られがちな、日本の経済を明るく照らすことでしょう。そして、ASEANに根を下ろし、ASEANで事業を展開している私たちASEAN地域の起業家こそが、この地域の国々の発展と、そこに暮らす現地の方々の幸福の実現を担えるものと確信し、誇りに思っています。

アセアン地域長 小田原 靖(WAOJE理事)


東アジア地域について

東アジア地域には、中国を中心として複数の活動拠点があります。

何かとネガティブなことが伝えられることの多い中国ですが、社会の変化と共に成長している分野も確実にあります。正しい情報と的確なタイミングを掴むことができれば、可能性を持った巨大な市場であることは間違いありません。

その場所一筋でビジネスを続ける人もいますが、他都市や他国に展開したいと考えている人もいます。その人たちにとって、現地の生の情報を共有できること、交流により新たなビジネスチャンスに接することは、WAOJEが提供できる大きな魅力です。

東アジア地域長 大野 正人(WAOJE理事)


日本地域について

日本の市場規模は、今後確実に縮小していきます。大企業だけでなく中小・零細企業の経営者が海外に目を向けるべき時は既に訪れています。海外に進出しない企業においても、否が応なしにグローバリゼーションの波に飲み込まれていく未来はもう目の前にきております。

日本のWAOJE支部は、世界中で活動しているWAOJE支部・会員からの現地の貴重な情報や出会の場を提供します。海外に進出する企業に限らず、インバウンドに興味がある企業にとっても、海外のWAOJEと直接つながることで、新たなビジネスチャンスを手に入れることが可能です。

現在、日本には、北から南まで9支部が存在し毎月の定例会では、海外で活躍する企業家の講演や海外視察を始めさまざまな活動をしております。また、毎年行われる世界大会等の交流に伴い、多くのグローバル企業を輩出しております。

日本地域長 仁科 慎太郎(WAOJE理事)