WAOJEの最新情報WAOJE News

【コラム】自分の親を住まわせたいと思って作ったのかどうか?―タイ老人ホーム事情―

「確かに土地はのどかに流れる河に向かって明るく開け、とても気持ちの良い場所でしたが、すこし拍子抜けしてしまいました。」(筆者発行のメールマガジンより抜粋)
二月下旬の午後、バンコクから西に車で約1時間、ナコンパトムの老人ホーム開設予定地を視察した。その数日前、バンコク市内の大手総合病院院長と面談した際、ナコンパトムに所有する土地に日本人用ロングステイ村を作りたいと相談を受けた。
同様の話は筆者の起業以来約10年の間に山ほどあった。殆どが「土地はある。投資家を探せ」。故に日の目を見たものは未だない。
「院長がそれに本気で取り組むつもりがあるんだという、“何か具体的なもの”を見せたほうが良いと思いますよ。」と意見したところ、「それならその土地の近くの別の区画に老人ホームをやろうと思って作った建物がある。」といわれ、早速見に行ったのだが・・・。
ターチン河という、熱帯アジア特有のゆったりした流れの河に面して、院長が所有するその広大な土地は広がっていた。門を通りぬけ、奥に通じる道路の両側に一本数百万バーツもするという銘木が何百本と立ち並んでいる様は壮観だ。その管理のために雇われた人たちが、多数立ち働いている。
木のためにこれだけの人員を配しているのだからさぞや・・・と期待が膨らんだのだが・・・。
門から数百メートル行ったところに、「とりあえず・・・」という感じで建てられた巨大な体育館があった。コミュニティセンターか何かと思ったのだが、そうではなかった。中に入るとまさに天井の高い体育館なのだが、広間の両側に15部屋ずつ計30部屋の居室がある。一部屋20平米くらいだろうか?
つまり、ここが、生活空間なのだ。以前、バンコク市内で視察した公立の老人ホームを思いだした。刑務所か精神病棟を連想させる、冷たい造りが共通している。ここは常夏の国のはずなのに。
いつもどうしてこうなってしまうのだろう?
建てた院長本人は、例えば自分の親や親族をここに住まわせたいと思って作ったのだろうか?筆者の会社では脳梗塞などの後遺障害をお持ちの方々の滞在のお世話をさせていただいている。数ヶ月から通年バンコクに滞在しリハビリすることをお勧めしているのだ。介護士やヘルパーをほぼ毎日アテンドさせて、リハビリへの通院、その他身の回りのお世話をさせていただいている。
だが、現在宿泊は通常のサービスアパートで、独自の施設をもてないのが最大のジレンマだ。お客様の人数が増えるにつれ、安心して暮らせる滞在施設を設け、集中してサービスを提供させていただきたいと切望している。それ故、上述のような話があればいそいそと出かけていくのだが・・・。
2006年春、日本の診療報酬制度が改定されリハビリの日数制限が導入されて以来、所定の日数を超えると充分なリハビリを受けることのできなくなった患者さんが急増している。そのような方々を指してリハビリ難民と呼ぶのだそうだ。
リハビリは「単なる機能回復ではない。社会復帰を含めた、人間の尊厳の回復」という東京大学名誉教授の多田富雄さんは「リハビリ中止は死の宣告」と題して朝日新聞に以下の投稿を行った。
「今回の改定によって、何人の患者が社会から脱落し、尊厳を失い、命を落とすことになるか。そして一番弱い障害者に『死ね』といわんばかりの制度をつくる国が、どうして『福祉国家』と言えるのであろうか。」06年04月08日:朝日新聞から抜粋
本来、医療や介護は、国家百年の計ともいえる崇高な事業だ。筆者の上述の事業を指し、邪道だと酷評した日本の医療者もいた。しかし、今リハビリの必要な患者さんには、日本の医療制度が改善するのを待っている時間などないのだ。
旅行作家の下川裕治さんは、バンコクのある病院での講演の際、「将来日本の医療や介護の一部を、タイが担う日がくるような予感がする・・・」 と語った。筆者も、非常に近い将来日本の医療や介護の一部を、タイが担う日がくると確信している。ただし、それは、日本とタイの現場で苦労をしている患者、患者の家族、医療・介護に携わる人たちが知恵を出し合い、その協働が実現したときなのだが・・・。
リンク元 http://thai-longstay.sblo.jp/article/29098041.html
谷田貝 良成
タイ王国和僑会代表幹事
Wellness Life Project ( Thailand ) Co.,Ltd.代表取締役
バーンタオ村村長兼ウエルネスライフ・プロデューサー
会社のwebサイト:http://www.baantao.com
紹介ページ:https://waoje.net/db/bangkok/?p=90