WAOJEの最新情報WAOJE News

タイ大卒者の就職事情と、タイ労働市場の現状と課題 1/8

こんにちは、副幹事の小田原です。
これから8回にわたってタイ大卒者の就職事情とタイ労働市場の現状と課題についてお送りいたします。
今回は第1回目になります。
1.タイの大学事情と学位の位置付け
【ポイント】
・タイでは1980年代後半より理工系を中心に大学の設置数が増加。
・背景には、政府が進める工業化政策、技術者不足という事情があった。
・工業化は主に外資が主導した。
タイ政府によって1980年代以降押し進められた工業化政策は、日本やアメリカなど外国資本の参入を促す一方で、現場を担うタイ人技術者の慢性的な不足を表面化させた。このため政府は80年代後半ごろより高等教育機関としての大学の拡充に力を入れ、技術者の大量供給を進める施策を実施した。
ただ、いきなり大学を設置するといっても人の確保や設置場所、予算の関係から直ちに実施するのは不可能。このため政府は、既にあった大学の分校を拡大させて独立校に昇格させたり、公立の専門学校として運営されていた学校を大学に格上げするなどの措置を講じ教育の場を確保していった。こうして出来上がった学校の一つに、シーナカリン大学チョンブリ校(分校)から独立校となったブラパー大学があり、同じシーナカリン大学ピサノロープ校(同)から独立したナレスワン大学がある。
公立大学の増加(昇格)をきっかけに、80年代後半から90年代にかけて、タイでは私立を中心に大学の新設も相次いだ。10年あまりの間に次々と新しい大学が誕生。2010年末現在では、国内に国立大学30校、私立大学68校、人材教育を目的とした地域総合大学40校、高度な技術修得を目的とした工科専門大学9校を数える。
こうした大学の昇格あるいは新設ラッシュは、もともとが技術者の養成を目的としたものであったことから理工系が中心だったが、大学の設置数が増えるにつれて文化系学部の募集定員も増加。現在、全高校卒業者の60%程度が大学に進学するまでに「高学歴化」が進んでいる。
タイでもかつての日本と同様に急速に大学数が増えた時期があり、「誰もが希望すれば大学に進学できる」時代に入ったと言えるが、それは反面、かつてあったような「学士号」を持つからと言って、就職に有利に働くような事情もなくなった。
続く
小田原 靖
タイ王国和僑会副代表幹事
PERSONNEL CONSULTANT MANPOWER (THAILAND) CO., LTD.代表取締役
会社のwebサイト:
タイ人材紹介業http://personnelconsultant.co.th/
バンコクレンタルオフィス運営http://office23.asia/
ミャンマー人材紹介業http://jobmyanmar.jp/
マーケティングリサーチhttp://japanplus.net/
日本語、英語、タイ語の翻訳。通訳派遣http://ylink.co.th
紹介ページ:https://waoje.net/db/bangkok/?p=165