WAOJEの最新情報WAOJE News

人生の旋律 by神田昌典

神田昌典氏=マーケティング+お金儲け系みたいな
イメージがあったので、この本はとても新鮮でした。
戦争や波乱万丈の人生を生き抜いた、一人の
実業家の一生を綴った本です。
歴史とか戦争ものはあまり好きでないため、
今までに読んだことのない類の本でした。
ちょっと重い気持ちでページをめくっていったのですが、
神田氏独特のわかりやすい語り口のおかげで、気が
ついたら最後まで一気に読み終えてしまいました。
同じ人間であるのに、あの時代に生まれたがために
壮絶な人生を歩むことになった先人たち。
読めば読むほど、私はなんて幸せな時代に生まれて
きたのだろうと、感謝の気持ちが溢れてきました。
私の体の中にも戦争で死ぬほどつらい思いをした
人達の血が混ざっているのかと思うと、大事に
人生生きていかないと、と身が引き締まります。
【共感した箇所】
p44
世の中の変化は徐々に進むのではなく、変わり始めれば
ほんの数年間で変わってしまうのだ。
最近タイでも銃撃戦等が行われたが、平和な毎日が
一瞬で崩れ去るという体験をしました。
このことから、やはり1日1日をサラッと流してしまうのではなく、
じっくり噛み締めて生きていきたいと思いました。
そして流される人生ではなく、主人公の藤太のように
自分で人生を切り開いていくそんな強い人間になりたいと
思いました。
栗原