WAOJEの最新情報WAOJE News

長寿大国の虚構 by出井康博

日本の高齢化が急速に進む中、外国から介護士
の受け入れが始まった。
フィリピンとインドネシアからすでに介護士が
送られてきている。
労働力の輸出をしたいこれらの国と、労働力が
欲しい日本との思惑が一致したわけだ。
そして介護士自体も日本に来て稼いだお金の
ほとんどを仕送りをして国にいる大家族を
助ける。
まあこれだけ見るとwinwinみたいに感じる。
ただ本を読み進めていくと、それだけでは
なく、送り出し側と日本側が自らの利益を
優先させていて、本当に介護の現場をよく
しよう、とかいう考えはないように見える。
日本語検定2級合格とか日本人でさえ合格
することが難しい介護福祉士の国家試験に
合格できなければ、3年で国に帰される。
せっかく受け入れ施設で散々お金や時間を
費やして教えた技術等も試験に受からなければ
すべて無駄に、いやアメリカとかカナダとか
他の国に流れてしまうのだ。
長くいてもらうより、早く回転させたほうが、
送り出し側にとっても、受け入れ側にとっても
斡旋料という甘い汁を吸い続けることができる。
驚いたのはこの日本側の機関というのは
日本語を教える機関、介護士を斡旋する
機関の両方ともが、厚生省や経済産業省
などがからむ天下り先になっているということだ。
何か読み進めていくうちにだんだん重い気持ち
になっていく。
時たま登場する介護されるお年寄りの話が
でてくることで、さらにせつなくなっていく。
そんな中で、唯一明るい気持ちにさせてくれたのは、
今現場で頑張っているフィリピン人やインドネシア人
の仕事に対する愛情が見えたときである。
もともと大家族で育っている彼らはとても
お年寄りに優しい。
もしわたしが介護してもらうのだったら、テストでいい点を
とるということよりも、もっと人間性とか愛情とかそういう
部分が深い人を選びたいと思うのだが・・・・。
栗原