WAOJEの最新情報WAOJE News

感動の億万長者30のルール by平野秀典

正直言ってタイトル自体はあまり好きでは
ありませんでした。
なんていうか感動っていうのは作り物
であるのではなく、自然に湧き上がるもの、
みたいな感じで思っていたからです。
それを人に意識的に感動を与えて、そのあと
がっぽり稼ぎましょう!みたいな内容なのかと
勝手に思っていたのです。
ところが読んでみると、そんな浅はかな私の思い込み
を見事に裏切ってくれる本でありました。
ビジネスの王道とは、買わされたという後悔の念ではなく
「買って本当によかった」という感動の余韻を提供し、顧客に
感謝され、継続的に関係性を造っていくアプローチのこと。
あー、そういう感動のことか!!
これは私の目指すビジネスそのものです。
そういう意味ではこの本は指南書になるような気がします。
【共感した箇所】
戦略、戦術、戦闘力等の戦争用語は
お客さんに使わない。
戦争は勝者と敗者を決めるために存在する。
売り手と買い手のどちらかが勝ったとしても
継続的な関係は築けないからだ。
ここの箇所すごーく共感できました。
確かに戦略とか戦術って言葉を使うのカッコいいな
って思い、必死で覚えようとしたこともあります。
でも何となく攻撃的な感じや違和感を覚えたので、
使うのやめました。
(覚えられなかったことも原因ですが・・・)
「私たちの1日は、様々な選択の
繰り返しで構成されている。日に100回以上の
選択をしているといわれている」
本当なのでしょうか?
私も実際そんなに選択を繰り返しているのでしょうか?
そう思って、朝起きてから取引先の会社に行くまでの間、
選択に意識して行動してみることにしました。
その例を何個か挙げてみます。
選択1 目覚ましが鳴る30分前に目が覚めた。
    2度寝をしようか、30分得したと思い仕事をしようか?
選択2 朝早く出かけるんだから、運動を休んでしまおうか?   
     それとも、気持ちいい1日を過ごすために運動しようか?
選択3 結構移動時間が長いので本を持って行こう。
     でもカバン重いの嫌だからやめておこうか。
選択4 日本のお客さんに連絡することがあった。
     朝のうちに連絡しようか?それともまああとでいいか。
などなど、実際意識して生活してみたら、本当に選択の
繰り返しであるということがわかりました。
「普通の人はほぼ無意識に行っているが、成功者
の選択は結果的に同じ選択をするにしても、無意識
ではなく意識的に行う。ここに、成功者と凡人の
決定的な違いがあるといわれている。」
この文章を読んでなるほどーって思った。
私のような凡人の場合、無意識で選択すれば楽なほう
楽なほうへと流れやすい。
それを意識して選択することができれば、自分の
なりたい姿になるのにはそんな時間がかからない
のかもしれない、って思いました。
とは言っても、意識し続けるって結構難しいですね。
栗原