WAOJEの最新情報WAOJE News

【コラム】英語力検定試験比較表

大学在学中、卒業後、または仕事を辞めて留学をするタイ人は年々増えつつあります。
就職に有利になるだけでなく、転職の際のキャリアアップに繋がるため、
毎年多くの人が英語力検定試験を受験しています。
現在様々な英語力検定試験があり、どの試験を受けるかは試験内容や
試験結果の用途によって決める人が多いようです。
TOEFL95点持っています、と言われてもどの程度の英語力があるかわからない
、と思われた経験はございませんか?
そんな方のために、英語力検定試験表をご紹介いたします。


パーソネルコンサルタントでは、タイ人求職者一人一人に対して、
日本人が英語の会話テストを行っています。
そのため英語力検定試験を受けたことがない、またはスピーキングテストがない
TOEICの点数のみ所持している求職者を含め、登録者全員の英会話力を把握できております。
弊社のお送りする候補者の履歴書にはA~Fのアルファベットで英語力評価を記してあります。
こちらの比較表と照らし合わせて参考にしてください。
■パーソネルコンサルタント英語力評価表示
A・・・母国語(両親のいずれかが英語圏出身または英語圏で育ったタイ人のみ)
B・・・大変流暢(通訳ができるレベル。TOEIC900点台に相応)
B・・・外国人とのやり取りが問題なくできる(TOEIC800点台に相応)
B・・・説明まで十分できる(TOEIC700点台に相応)
C・・・社内会話可能(TOEIC500~600点台に相応)
C・・・日常会話可能(TOEIC300~400点台に相応)
D・・・簡単な会話ができる
E以下は英語での会話が難しくなります。
英語で社内会話ができる人材をご希望の場合、データベース上でC以上の
候補者のみに絞り込み、さらにその中から勤務地や経験など条件にあった
人材をご紹介させていただいております。
雇う側が求める条件と、雇われる人材が求める条件が近いほど、双方気持ちよく働ける上、
退職する確率も低くなります。
人材の求人依頼をされる際は是非、細かく条件をご指定ください。
今後も人材不足、人材を探す方法でお困りの方のお役に立てることを願っております。
小田原 靖
タイ王国和僑会副代表幹事PERSONNEL CONSULTANT MANPOWER (THAILAND) CO., LTD.代表取締役
会社のwebサイト:http://personnelconsultant.co.th/
紹介ページ:https://waoje.net/db/bangkok/?p=165