WAOJEの最新情報WAOJE News

タイ大卒者の就職事情とタイ労働市場の現状と課題 Pt.7

こんにちは、副幹事の小田原です。
8回にわたってタイ大卒者の就職事情とタイ労働市場の現状と課題についてお送りしています。
今回は第7回目になります。
第1回はこちら
第2回はこちら
第3回はこちら
第4回はこちら
第5回はこちら
第6回はこちら
7.タイ人を雇用するにあたっての留意点
【ポイント】
・争いごとを好まない国民性。自己を売り込むことは苦手。
・スキルの高いタイ人は少なくない。語学力では日本人よりはるかに高い。
・より実力を発揮できるような職場環境の整備が大切。
争いを好まないという伝統的な国民性から、タイ人を評して受動的で積極性に欠ける人が多いという指摘がある。それが就職活動の中でも反映されることがあり、学生もおとなしく、なかなか自分を売り込もうとはしないという現象に結びつく。仕事においても「これは自分の仕事ではない」という判断につながりやすくなる。
しかしながら、これを以てして、タイ人=働かない民族性という判断は誤りだ。タイ人労働者の中にもスキルが高く、統率力を持つ人材は数多く存在する。少なくとも語学力では日本人に負けてはいない。
大切なのは、こうした能力の高いタイ人従業員が職場でより力を発揮できるような職場環境を提供すること。これが企業経営者に求められる資質と言える。真っ先に挙げられるのは十分な報酬ということになるが、それだけに限られない。上司部下や同僚といった人間関係にも配慮し、常に目配り、気配りを行うことが肝要と言える。
続く
小田原 靖
タイ王国和僑会副代表幹事
PERSONNEL CONSULTANT MANPOWER (THAILAND) CO., LTD.代表取締役
会社のwebサイト:
タイ人材紹介業http://personnelconsultant.co.th/
バンコクレンタルオフィス運営http://office23.asia/
ミャンマー人材紹介業http://jobmyanmar.jp/
マーケティングリサーチhttp://japanplus.net/
日本語、英語、タイ語の翻訳。通訳派遣http://ylink.co.th
紹介ページ:https://waoje.net/db/bangkok/?p=165